東急田園都市線沿線で自筆証書遺言の作成、公正証書遺言に関するご相談は横浜市青葉区青葉台の堀江司法書士事務所へ 青葉台駅徒歩1分
堀江司法書士事務所 横浜市青葉区青葉台1-6-13
  相続登記 抵当権抹消 贈与登記 財産分与 不動産売買 会社設立 債務整理 お問い合わせ  
横浜市青葉区の司法書士事務所
横浜市青葉区青葉台1丁目6-13 ケントロンビル4階

トップページ トップページ

自動見積 自動見積計算

進捗状況 進捗状況照会

お問い合わせ お問い合わせ

事務所概要 司法書士事務所概要

事務所概要 税理士事務所概要


遺言の種類

遺言の書き方は法律で細かく決められています。要件を満たさない遺言は無効です。
せっかく作成した遺言が無駄にならないためにも、一度専門家にご相談の上、遺言を作成されることをおすすめいたします。

遺言の種類はいくつかありますが、ここでは代表的な2つの遺言について簡単にご紹介します。

info 自筆証書遺言

遺言書の全文、日付、氏名を自書し、押印することにより作成します。
必ず遺言者本人が自書しなければなりません。
(代筆、パソコンなどによって作成したもの、押印の無いものは要件を満たさず無効です)

(メリット)
□ 自分で作成できる。
□ 費用がかからない。

(デメリット)
□ 法律上の要件を満たさず、遺言が無効となってしまう可能性がある。
□ 遺言者が亡くなったあと、家庭裁判所での検認手続きを受ける必要があります。
□ 遺言書の保管(紛失・改ざん・隠匿)にも注意が必要です。

mail 遺言書作成 お問い合わせ




info 公正証書遺言
遺言者が、公証人に遺言の内容を伝え、公証人が文章にまとめ作成するものです。

(メリット)
□ 公証人が作成するため、様式の不備によって無効になることが無い。
□ 家庭裁判所で検認は不要です。
□ 原本が必ず公証役場に保管されるので、遺言書の紛失や改ざんなどを防ぐことができます。

(デメリット)
□ 費用がかかります。
□ 遺言作成の際に、証人(2名)が必要となります。


mail 遺言書作成 お問い合わせ




遺言の種類

遺言は遺言者が亡くなって、はじめて効力が生じます。
自身が残した遺言の内容が実現されるのか、遺言を残した方にとっては不安の残るところです。

そこで遺言により、遺言の内容の実現する手続きをする者(遺言執行者)を定めておくことが出来ます。
遺言執行者に司法書士を指定しておくことも可能です。ご相談ください。